日々のアレコレ


by eicolien

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

INFORMATION

カテゴリ

全体
ペット
ファッション
アクセサリー
タベモノ・ノミモノ
アソビ・イベント
エイガ・ドラマ
ニュース
テレビ
オンガク
ホン
ケンコウ
スポーツ
オススメ
チュウモク
キライ
デキゴト
オカイモノ
アート、ヌリエ
ヒト
コトバ
インテリア
オシラセ
オシゴト
ビヨウ
オモイ
未分類

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
今ヲ生キル
まいにち酒飲み
絵的生活
愛と愉しみのスペイン料理
農家の嫁の事件簿
akicoblog
moshy-days
OKANの素
■ infinity's...
fc∞pscope
美人同盟
agasuke blog...
minimum*R
ばーさんがじーさんに作る食卓
himie
SANCHA ISLA...
こなみのおいしいキッチン
人生の宝物 by 金田裕子
Step by Step
EnJOy LiFe
Zelkova.Kの気ま...
美味しいテーブル
digital vita...
Elegance Style
vege dining ...
Hands of Cre...
活版工房
hello!hello!...
パーソナルトレーナー ☆...
癒され色ハンドメイドレシピ集
カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)
SONIA JOHNES...
orange-choco...
i n a c o y ...
baliasi days
バリアージへの道 - R...

以前の記事

2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
more...

ライフログ

A Time 2 Love

イッツ・オンリー・トーク

蝶々の纏足・風葬の教室

ブラッシュファイアー・フェアリーテイルズ

Come Away With Me

犬を飼う

DIGITAL BREATH

対岸の彼女

モ’・ベター・ブルース

巴里製皮膚菓子

ドカンと、うまいつまみ

フジ子・ヘミング 運命の力

これは便利調味料―だしいらずのおかず130選

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

フラメンコ

なぜだか妙にスペインに惹かれる。

スペイン料理も習ったし、スペイン映画も見た。
そして、最近、「フラメンコ」を始めた。

なのに、「フラメンコって、踊りでしょ?』と思っていた私。
しかし、「フラメンコ」には、歌も、ギターも、手拍子なども存在する。

それを知ったのは、最近のこと。
そして、素晴らしい「フラメンコ」ギタリストが
この日本にいることを知ったのも最近のこと。

沖仁さん。
9月5日の夜、TBSの「情熱大陸」を見た。
本場スペインのフラメンコギターコンクールで、
日本人初の優勝をした男性だ。

スペインという国、スペインに暮らす人、そしてフラメンコ。
それらへの愛情と情熱がテレビを通じて伝わってきて、
不思議なくらい彼の音楽に魅了された。

「この人の音を、生で感じたい」

そんなことを願っていたら、縁があって、沖さんのライブに招待して頂いた。

「情熱大陸」のサイトには、

皆さんは、音楽を聴いて鳥肌が立った経験はおありだろうか。
番組ディレクター(38)は、彼に出会って人生で初めてその感覚を味わったそうだ。
 「その男がギターを爪弾くと、辺り一面にアンダルシアの風が吹く—」と言われる
フラメンコギタリストの沖仁35歳。

と紹介されている。
その人の音楽は、本当に鳥肌ものだった。

そして、彼のギターで歌っていたカンタオールと呼ばれる男性歌手、
石塚隆充さんがまたすごかった。
声量がすごすぎて、半端なくて、とにかくやばかった。

コンサートホールに響く、沖さんのギターの音色と、石塚さんの歌声。
かき鳴らされるギターの音色と、感情むき出しのような歌声。
情熱的な音と声。

歌詞の意味なんて分からないし、音符だって読めない。
だけど、心のスイッチを押されてしまったように、涙がじわ〜っと溢れてきた。

1曲終わるごとに、拍手喝采。
「声量がすごい」とか、
「こんな日本人いるのか」とか、
「ブラボー」とか、
観客は各自好きなように賛辞する。
そして、またギターの音色と、声に耳を澄ませる。

自分の感情を左右する、運命の男に出会った時のように、
心を射抜かれたような気持ちになった。

そこで思ったこと。
これはがんばるしかないな。

何を?
フラメンコを。

だって、いつか、ギターと、歌に合わせて、踊りたいから。
夢を見るのは、自由なのだ!!

人にしろ、言葉にしろ、音楽にしろ、
出逢いっていうのは、不思議で、大切。
そして、ぐっと来る。

そんなわけで、フラメンコに夢中な今日このごろ。
大好きなものを見つけた、とても幸せな夜だった。
[PR]
by eicolien | 2010-10-16 01:00 | オンガク

大事な時に。

1日、1年と、時間を重ねるごとに増えていく経験。
その経験が生み出す感情。そして思い出。

誕生日を迎えるごとに強くなることもあれば、
ふとした時に、それが弱さだったのだと気付かされることもある。

ある経験を共有しても、100%理解できない気持ちがあって、
時にそれが、心を締め付けることがある。

そんな違いを同じ机の上に広げて、
大事な瞬間に語り合えればいいなと思った。
[PR]
by eicolien | 2010-10-12 23:54 | オモイ

言葉は音楽

季節は秋。

皆さま、お元気でしょうか?
大変ごぶさたしております。

会う人、会う人に、
「更新してなくない?」
「最近、書いてないよね?」
「生きてるの?」
「やめんなよ!」
「書きなよ!」

といった、叱咤激励のお言葉を数々頂きました。

なかには、「豚もおだてりゃ、木に登る」的な、
ほめ伸ばしな、素敵なお言葉も頂いたりしましたので、
調子に乗って、鼻歌まじりで再開しようかなと。

単純です…。

そしてもう一つ。
「また好きなことを書こう」と思ったのは、
茂木健一郎さんの、
「言葉は音楽だ」というつぶやきを読んだからです。

「リズム感のある文章を書け」、とはよく言われることですが、
リズムと言われるよりも、
「言葉は音楽」と言われた方が、なんか心に響くんですな〜〜。

なんでだろう…???

というわけで、引き続き、どうぞよろしくお願いします♪
[PR]
by eicolien | 2010-10-04 00:39 | コトバ