日々のアレコレ


by eicolien

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

INFORMATION

カテゴリ

全体
ペット
ファッション
アクセサリー
タベモノ・ノミモノ
アソビ・イベント
エイガ・ドラマ
ニュース
テレビ
オンガク
ホン
ケンコウ
スポーツ
オススメ
チュウモク
キライ
デキゴト
オカイモノ
アート、ヌリエ
ヒト
コトバ
インテリア
オシラセ
オシゴト
ビヨウ
オモイ
未分類

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
今ヲ生キル
まいにち酒飲み
絵的生活
愛と愉しみのスペイン料理
農家の嫁の事件簿
akicoblog
moshy-days
OKANの素
■ infinity's...
fc∞pscope
美人同盟
agasuke blog...
minimum*R
ばーさんがじーさんに作る食卓
himie
SANCHA ISLA...
こなみのおいしいキッチン
人生の宝物 by 金田裕子
Step by Step
EnJOy LiFe
Zelkova.Kの気ま...
美味しいテーブル
digital vita...
Elegance Style
vege dining ...
Hands of Cre...
活版工房
hello!hello!...
パーソナルトレーナー ☆...
癒され色ハンドメイドレシピ集
カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)
SONIA JOHNES...
orange-choco...
i n a c o y ...
baliasi days
バリアージへの道 - R...

以前の記事

2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
more...

ライフログ

A Time 2 Love

イッツ・オンリー・トーク

蝶々の纏足・風葬の教室

ブラッシュファイアー・フェアリーテイルズ

Come Away With Me

犬を飼う

DIGITAL BREATH

対岸の彼女

モ’・ベター・ブルース

巴里製皮膚菓子

ドカンと、うまいつまみ

フジ子・ヘミング 運命の力

これは便利調味料―だしいらずのおかず130選

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

笑い、シワ

「インスタント・ジョンソン」のトークライブへ。
ご縁があって知り合って、それから時間が合うときはライブに行っています。
最近は、「ポーキーさん」でおなじみの3人組です。

今回のトークライブでの一番は、「おつかれちゃん」でおなじみの、ゆうぞうさんのネタ。
ネットショップでオーダーしたものが時間通りに届かなかった…という、
誰にでも起こりえる日常のトラブルを、それはそれは面白く&テンポ良く話してくれたのです。
さすがプロだな〜。会場の空気変えちゃうな〜って、友達と感心しておりました。

それにしても、人を笑わせる仕事というのは、ホントにすごいな〜と思う。
「笑いに来ましたよ」というハードルの高いお客さんを相手に、
ちゃんと笑わせないといけないんですから…。

「笑い」と言えば、「笑いジワ」ってことで思い出したこと。

シワひとつひとつには、その人が産まれてから泣いたり、笑ったり、怒ったり、
一人の人としての歴史が刻まれているんだから隠す必要もない。

これは、あるテレビ番組に女優の倍賞美津子さんが出演してた時のコメント。
(一言一句そのままじゃないので、あしからず)

かっこよすぎます!!!!!
心にも、頭にも、がつーーーーんと残って離れません。

きれいでいる努力を惜しまない。
いくつになっても女として生きている。
心の潤いを常に大事にする。
でも、シワはできる。

そんな女のジレンマを、
がしーっと真っ向から受け止めて、
ふわ〜っとやわらかく包みこむ。

そんな余裕を感じました。

女にとって「シワ」はイヤな物。
でもその「シワ」を、ただの「シワ」にするか、
物語のある「シワ」にするのかは、
その女次第なのだ、と教えてもらった感じです。

あらら、インスタントジョンソンから話がそれすぎた…。

ま、笑うことは大事ってことで。
[PR]
by eicolien | 2010-01-30 01:03 | アソビ・イベント

THIS IS IT

b0038382_22331945.jpg

映画館で見れなかった「THIS IS IT」。
DVDを見たのですが、とにかくやばかった!!!!!です。

ここ数年のマイケルは、
整形、奇行、裁判、と、
「なんだか変な人になっちゃった」残念イメージが先行していて…。

正直、私も、
「マイケルの鼻、取れちゃったらしいね」とか、
「手が白すぎでしょ〜」とか、
「人形だらけの部屋、怖くない?」とか、
マイケルのヘンテコぶりばかりに興味を持っていました。
昔は大好きだったのに。

もうマイケルは踊れないんじゃないか、
歌えないんじゃないか、
本当にライブをやるのか、など、
いろんな噂が出ていたけど、
「THIS IS IT」を見ると、そういう疑惑が全部吹き飛びました。

なんだよ、こんなに動けるんじゃないか〜!
かつてのように歌えるんじゃないか〜!と。

「CD聞いてるみたいでしょ」というひと言に、本当にその通りと感動しました。
リハーサルはまるで、ライブ本番のようなクオリティの高さ。
私服(?)は、相当独特ですごかったけど。

そんなわけで、夢中で最後まで見切ってしまい、
ライブに行ったかのように歌ってみたり、
腕を上げて左右に揺れてみたり、
できないのにムーンウォークしたくてうずうずしたり、
とにかく!!!あがりました。

そして、なんといっても感動的だったのは、ラストシーン。

そこには、ステージ上で、天を仰ぐマイケル。

使い古された言葉で彼を表現するなら、
神々しい。
そのひと言につきます。

まるで、音楽の神様と交信しているような。
マイケルにしか見えていない、感じられない、
目に見えない何かと触れ合っているような。
それを見ていたら、なんだか、じわっと涙が浮かんできてしまいました。

あ〜、ホント、ちゃんとライブをやって欲しかったよ。
でもそうじゃないから、伝説になったのかもしれないな…。

さてさて。
見たのは英語字幕版。
英語不得意な私ですから、日本語版で見直したい。
ってことで、Amazonで注文。

「特典映像付きの2枚組」
という売り文句に惹かれ、即決いたしました。

購入者の評価は、ほぼ100%、5つ星。
コメントは感動の嵐です。

そんな作品、他にないですよね。

ごめんなさい、マイケル・ジャクソン。
あなたはやっぱり、天才です。
[PR]
by eicolien | 2010-01-27 23:01 | オンガク

異音祭り

立川の朝日カルチャーセンターに、ある講座を受けに行ってきました。
新宿から中央線に乗車したのですが、
前に並んでいた男性が、マツコデラックスさん並みの、かなりのぽっちゃり体型で…。
なんとな〜く、いや〜な予感がしながら一緒の車両に乗り込みました。

発車のベルの後、扉が閉まり、大久保駅を通過したくらいのタイミングで、
私の耳元辺りから聞こえてくる、ものすんごい異音。

グゴゴゴーーーー−−−ッ。
ブヒッ。
プスーーーーーーーーッ。

こわごわ振り返ると、ぽっちゃり男性が立ち寝しながら大いびき。

「布団入ってんのか?君は」
と心の中で突っ込みを入れていると、電車の揺れで目を覚ますぽっちゃり男性。

でもまたすぐ、

グゴゴゴーーーー−−−ッ。
ブヒッ。
プスーーーーーーーーッ。

異音スタート。

車内にものすごい勢いで響く、大いびき。
地響きレベルです、大げさでなく。

中野駅に到着し、ぽっちゃり男性の立ち位置が変わり、彼は扉に密着体勢に。

体に安定感を得た彼は、

グゴゴゴーーーー−−−ッ。
ブヒッ。
プスーーーーーーーーッ。
をリピート&リピート。
ボリュームはMAXです。

その度に乗客一同苦笑、凝視、驚愕。

私の前に立っていたギャル2人組も激しく反応しており、
「いびきっしょ」
「違うって、起きてるって」
「まじで? これ鼻息?」
「無理なんだけど。まじうるさいって」
という会話が繰り返される始末。

「いびきだよ」と心の中で会話に参加していると、異音アゲイン。
揺れてストップ。
起きた彼はマイ水筒で水分補給。
そして、異音アゲイン。

あまりのすごさに、ギャルと目が合ってしまい、
見知らぬ女同士、笑い合ってしまいました。
一体感あったな〜、あの瞬間。

そして、最終的にギャルが名付けたぽっちゃり男性のあだ名。

「鼻息大臣」。

鼻息大臣は、その後、とある駅で降りて行き、
車内に平穏な空気が戻りましたとさ。

めでたし、めでたし。
[PR]
by eicolien | 2010-01-26 23:49 | デキゴト

キッチン風呂。

先日、友達の子供に会いに行きました。
12月に産まれたばかりですから、
ほっかほか〜できたて〜な湯気が出ていそうな赤ちゃんです。

赤ちゃんがかわいいんですぅ〜というのは、
当たり前なので、割愛。
で。
私のアンテナに引っかかったのは、
なんといっても、赤ちゃんのお風呂です。

夕方、「ごめん、この子をお風呂に入れていい?」と、
友達が向かった先は、なんと!キッチン!!!

お風呂場じゃないの?と、小走りでキッチンに向かうと、
そこには、シンクにぽこーっとはまったベビーバス。
ジャストサイズです!

本人に無許可で掲載しますが、ごめんなさい。
赤ちゃんの向こうに、まな板が見えるの、分かりますか?
b0038382_19184685.jpg


上から見たら、こんな。
b0038382_1919222.jpg


まぁ〜、びっくり!!!

食器洗いスポンジ&赤ちゃん。
食器洗い洗剤&赤ちゃん。
まな板バッグに、赤ちゃん。

大爆笑でした。

「今って、こんなものがあるんだ〜!すご〜い!」
と、友達一同、大興奮していたら、

「これ、定番商品だよ。
だって腰が痛くならないでしょ!?」
とのこと。

そうでしたか〜。
合理的なのですね。
と感心しきり。

キッチンで体を洗うなんて、貧乏学生だけかと思ってました。

目からウロコな、ある日のキッチン風呂でした。
[PR]
by eicolien | 2010-01-21 19:23 | デキゴト

発表と評価

シナリオ学校の今年の授業が始まりました。

初回の授業で担当講師から、
「突然ですが、今日は皆さんが書いたシナリオを発表してもらいます!」
と、信じられな〜い!!!発表がありました。

昨年、「男から女への、別れのセリフ」というテーマで、
合計600字の脚本を書いたのですが、
それをクラスメイトの前で発表しなさい。
さらに、どの脚本が良かったか、後で投票しますよ。
というのです。

「前もって告知すると、皆さん授業に来ないでしょ。
それにね、発表前に脚本を渡しちゃうと、
順番が回ってくる間に直しちゃうから渡しませんよ〜」

完全なる大人の駆け引き…。
講師の圧勝です。

一番前の席に座った方を皮切りに、発表スタート。
一人ひとりにマイクが渡され、自分の脚本を読んで行きます。
小心者の私ですから、声が震えました…。
水をやたらと飲んだのに、声がかすれました…。

さてさて。
テーマは一つでも、書き手が違うと本当にいろ〜んな脚本が上がるんです。

王道の遠距離恋愛、不倫はもちろん、
タイ人シェフと日本人女性の別れの話。
命をかけた仕事のために妻と別れる記者の話。
付き合っていた男がある日突然、極道デビューし別れる話。
などなど。
この3つが、生徒からの投票がとっても多く、評価されたものです。

やっぱり夢のある脚本が支持されやすいようだな〜。
というのが、今回の結論。
「お〜、いい話ですなぁ〜」と、澄んだ瞳で遠い目をしてしまうような、ね。

私はと言えば…、澄んだ瞳で遠い目ウルウル系の脚本ではなかったので、
内容も結果も控えさせて頂きます…。

満場一致の脚本を書きたいなぁ。
と、心新たに今年も書き続けま〜す。
[PR]
by eicolien | 2010-01-19 13:15 | コトバ

あけましておめでとうございます。

2010年になりました。
10月以来のごぶさたです。

なんだかんだと年末は色々と集まる予定があって、
気付いたら大晦日でした。

今年の初詣は浅草の七福神巡り。
大根をおさめる神社でご講話を聞いたり、
「こちかめねっと」とかいうサイトをやってるおじさんにサイトの宣伝をされたり、
1個300円の七福神守りを全部集めるとなぜか3300円に値上がりしてたり、
不思議ポイント満載でなかなか面白かったです。

そして、最後に”真剣”に引いたおみくじ。
99番の箱を開けたら大吉でした☆
いろ〜んな願い事が「叶うでしょう」って書いてあり、新年早々上がりました。
あんなにいいおみくじは初めてです!!!

2010年の始まりの日は、月食&満月でした。
日本で元旦に月食が見れるのは、数十年ぶりだとか。
そんなわけで七福神巡りの合間に、たっぷりと月光浴も堪能。
縁起かつぎもばっちりです☆

今年もどうぞよろしくお願いします!!!
[PR]
by eicolien | 2010-01-03 00:09 | アソビ・イベント