日々のアレコレ


by eicolien

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

INFORMATION

カテゴリ

全体
ペット
ファッション
アクセサリー
タベモノ・ノミモノ
アソビ・イベント
エイガ・ドラマ
ニュース
テレビ
オンガク
ホン
ケンコウ
スポーツ
オススメ
チュウモク
キライ
デキゴト
オカイモノ
アート、ヌリエ
ヒト
コトバ
インテリア
オシラセ
オシゴト
ビヨウ
オモイ
未分類

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
今ヲ生キル
まいにち酒飲み
絵的生活
愛と愉しみのスペイン料理
農家の嫁の事件簿
akicoblog
moshy-days
OKANの素
■ infinity's...
fc∞pscope
美人同盟
agasuke blog...
minimum*R
ばーさんがじーさんに作る食卓
himie
SANCHA ISLA...
こなみのおいしいキッチン
人生の宝物 by 金田裕子
Step by Step
EnJOy LiFe
Zelkova.Kの気ま...
美味しいテーブル
digital vita...
Elegance Style
vege dining ...
Hands of Cre...
活版工房
hello!hello!...
パーソナルトレーナー ☆...
癒され色ハンドメイドレシピ集
カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)
SONIA JOHNES...
orange-choco...
i n a c o y ...
baliasi days
バリアージへの道 - R...

以前の記事

2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
more...

ライフログ

A Time 2 Love

イッツ・オンリー・トーク

蝶々の纏足・風葬の教室

ブラッシュファイアー・フェアリーテイルズ

Come Away With Me

犬を飼う

DIGITAL BREATH

対岸の彼女

モ’・ベター・ブルース

巴里製皮膚菓子

ドカンと、うまいつまみ

フジ子・ヘミング 運命の力

これは便利調味料―だしいらずのおかず130選

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

幸せゴハン

私の体調不良により、1ヶ月も延期となってしまった楽しみごと。
お互いの予定がや〜っと合いまして、伺ったのは愛する女友達さとみちゃんのお家。

週の頭から呑む気満々の私たち。
おいしいおいしい絶品!ゴハンに呼ばれる気満々の私。

この日、作ってくれたお料理の数々を披露!
盛りつけも、お皿も、テーブルクロスも、ホントしゃれてます。
b0038382_2328821.gif

野菜の良さを存分に引き出したスゴワザに、我を忘れてガツガツ食べちゃいました。
ただでさえ食べることが幸せな私なのに、その気持ちをさらに刺激してくれる天才♡
b0038382_23282370.gif

ピータン豆腐はビールにも、焼酎にもぴったりでした☆
b0038382_23251357.jpg

食べて、呑んで、しゃべって〜。
合間にさとみちゃんは料理を作ってくれて。
忙しかったね、ありがとう☆

私たちの出会いは店員さんと、ひとりの客でした。
10年近く前、友達に連れて行ってもらった渋谷の小さな呑み屋さんで働いていた彼女。
カウンターの向こう側でにっこりと笑う彼女は年齢よりず〜っと若く見えて、
けれど、話をしたら同じ年齢で、家も近くて、何より呑むこと、食べることが大好きで。
その日何を話したのか、もう忘れてしまったけれど、
意気投合するのに時間がかからなかったことだけは覚えています。

人見知りをするタチの私にとって、彼女は最初から1ミリも緊張せずに、
すらすら話ができる貴重な女友達となり、
なんだかやたら長時間一緒にいたり、
あ〜じゃね、こ〜じゃね言いながら長時間呑んだり。

って呑む話ばっかり!

この日はとってもいい報告も聞けて、自分のことのようにうれしかったのです。

知り合ったばかりの10年前から今まで。
お互いにいろんなことがあり、いろんな仕事をしてきました。
ただ、「好きなもの」、「目指したいもの」、「こうなりたいこと」はお互いにぶれてなかったと思うのです。

さとみちゃんは料理。
私は文章。

お互いに好きなことを続けてきて、
それぞれの道で「プロ」と呼ばれるようになった今、
そのことで自分の暮らしを守っています。

女同士だからガールズトークと言われる内容の話が圧倒的に多いのだけど(むふふ)、
仕事や夢の話からもいつも刺激を受けています。
(さとみちゃんのブログと同じような内容になってる…)

近々、一緒に何かカタチにしたい人。
そして何より、いつも楽しい人なのです。

10年後、私たちはどんな話をして、どんなことをしているんだろうね〜。

今とたいして変わらなそうな気もするけど、まあいいか。
[PR]
by eicolien | 2009-09-30 23:52 | アソビ・イベント

盗み聞き

自己紹介やプロフィールシートの「趣味」の欄に、
「スキューバダイビング」とか「音楽鑑賞」と書いていますが、
本当は「盗み聞き」とか、「人間観察」と書いた方がいいのかもしれない。

ということで、最近「盗み聞き」したお話を…。

井の頭線に乗っていた時、となりに若いカップルの彼女が座りました。
彼女の目の前には、無造作ヘアのおしゃれな彼氏。
いやでも二人の会話が聞こえてきました。

なぜだか二人の会話は、金属の違いの話に。

彼氏「金属にはシルバーとか、真鍮とか色々あるんだけどぉ、全部さ『鉄』なんだよね。
シルバーになるか、真鍮になるかは、鉄がどのくらいの割合で入っているかによって決まるんだよ」

彼女「へぇ〜、そうなんだぁ♡」

私「え!?そうでしたっけ? べ、別物じゃないの? (心の声)」


彼氏「あとさ、スワロフスキーってあるじゃん?あれって、素材の名前じゃないんだ。
スワロフスキーっていう会社が作ってるガラス玉のことなんだよ」

彼女「あたしぃ、スワロフスキーっていうものだと思ってたぁ。スワロフスキー持ってる☆」

彼氏「スワロフスキーは会社の名前だぜぃ」

彼女「知らなかったぁ〜♡」

私「知ってるぅ〜…。(心の声)」


彼女「じゃあさ、ジルコニアは?」

彼氏「ジルコニアかぁ〜…………」

私「答えないの? ねぇ、答えは?(心の声)」


という一番いいところで、終点の吉祥寺に到着。
答えが聞きたかったじゃん!!!

ていうか、あまりに自信満々な彼の回答&合ってる情報と、
うそ〜!?という情報が錯綜していて私は混乱してしまいました。

そんなわけで、盗み聞きの途中から携帯で、シルバーと鉄について調べる始末。
あ〜、なんてダサイ私。

その後に会った人に
「あのさ、銀と鉄って一緒なの?」って本気で聞きました。

もちろん。
「はあ〜!?違うよ。元素記号が違うじゃん」
という大人らしい回答が返ってきました。

何をやっているんだ、私は…。
(悪趣味という声は完全無視します)
[PR]
by eicolien | 2009-09-28 01:21 | デキゴト

アンディソンス

26歳のときに出会った香水は、今でも一番好きな香水。
その香水が残りわずかになったその時、廃盤になったことを知った。
ショックだった。

香水1つによくもまあ、そんなに一生懸命になれますね…というほど、
手当たり次第在庫を探したけれど、返ってくる答えはいつも同じ。

「廃盤のため、お取り寄せできません」
だった。

あきらめかけたその時。
あるショップから温かいメールが届いた。

「可能性はゼロではありません。もし取り寄せられたらご連絡します」

他のショップからはもらえなかった返答に、
「もう!お宅に賭けてみます!」
とばかりに、「期待しないで待ってます」とメールを返した。

それから1年以上…。

そんなメールのやり取りなんて、頭の隅っこにもなかった今日。
そのショップがメールをくれた。

「入荷希望の香水が手に入りました」

どこにあったの〜!?と、小躍り♪鼻歌♪上機嫌。

廃盤になったその香りは、
ジバンシィの「アンディソンス」という名の香水。

スパイシーで、甘ったるくて、官能的なその香り。
20代の私がつけるには早かったかなと今では思う。

もう手に入らないかもしれないと、
手元に残しておいた少量の香水を久しぶりにつけてみた。

「そう、この香り…」

買ったばかりのときとは香りが変わっているかもしれない。
けれど、私には何より大切な香りに変わりない。

見る、聞く、嗅ぐ…。
記憶に残るきっかけが色々ある中で、香りの記憶が一番長く、深く続くという。

アンディソンスの香りで蘇る記憶。
この香りを教えてくれた人。
当時のできごと。

たかが香水でしょ!という方には理解不能かもしれない。
けれど、わたしにとっては大事な大事な「されど香水」。

アンディソンスが届くのが、本当に楽しみ。
この香りを纏って、出かけることを思うと…。
うふふ、なのである♡
香りの記憶を今年は更新できそうだ。

「万が一」というのは、本当にあるのだね☆
[PR]
by eicolien | 2009-09-25 00:53 | ビヨウ

手水の作法

なんて気持ちのいいお天気なんだ!という本日。
のんびりと愛車に乗って代々木公園&明治神宮に行ってきました。

たま〜に、ものすご〜く行きたくなるのが明治神宮の清正の井戸。
突然思い出して、ひんやりと清らかな井戸水に触れてきました。

その帰り、せっかく来たので明治神宮に参拝へ。

中に入る前に手水を・・・と手水舎に向かうと、ものすごい人。
ある国から来た観光客でごったがえしていました。

一瞬日本人かと思う皆さん。
それはそれは自由な行動を取っていて、かなりびっくりしました。

柄杓で手水をすくってぐびぐび飲む人。
柄杓ですくった手水をペットボトルに入れて飲み水補給をする人。
柄杓を片手にVサインで記念撮影している人。

なんだかすごすぎて、呆気にとられてしまいました。

柄杓に口をつけないとか、、
手水は飲み水ではないとか、
観光する前にガイドさんから説明はないんだろうか。
説明されても勝手な行動に出てしまっているんだろうか。

日本人でもたま〜に柄杓に口をつけてしまう方がいらっしゃいますが、
そんな時、その場にいる別の方に注意されていたりします。

私も参拝の作法が完璧!というわけではありませんが、日本人として
ホントは観光客の皆さんに教えてあげるべきだったのかもしれません。

でも、できなかった小心者のワタクシ。
精一杯の主張として、正しい作法で手水をとってきました。

自分が海外旅行に行った時、あり得ない行動をとらないようにしようと、
痛感した出来事でした。

おしまい。
[PR]
by eicolien | 2009-09-20 19:25 | オモイ

551

初の「551」豚まんを食す。
b0038382_2349466.jpg


普通に蒸してパクリ。
表面をちょっと焦がしてパクリ。
b0038382_2357071.jpg


豚まんは餡が「命」。
肉汁たっぷりの餡がジューシーでございました。

餃子、シュウマイ、マンゴープリン、そしてなぜかアイスまで
幅広い展開の551蓬萊さんでした。

ところで、なぜ551?と思って調べてみたら…。

551蓬莱の「551」の由来は創業当時、店の電話番号が「551」だったことに合わせて
「味もサービスも、ここがいちばんを目指そう!」という会社の目標から、数字の551が当てられている。
また、当時の社長が吸っていたタバコが「555」だったという事もヒントになっている。

とWikiに記載が。

「551」=ここいち=ココ一番!
ってことなんでしょうね。

肌寒くなってきた、この季節。
ほくほくと、湯気の立つ食べ物がおいしい季節です。

ぶ〜。
[PR]
by eicolien | 2009-09-19 23:55 | タベモノ・ノミモノ

CKB

土砂降りの本牧。
クレイジーケンバンド出演のイベントに行ってきました。

知らない曲が多かったけど、最近知った曲も歌ってくれたので、
嵐のような天気の中、雨よけのテントの下で結構楽しみました。

生ケンさんはとってもセクシーで、
指先までしなやかな動きをしていて
「大人の男」って感じがしました。

そんな「THEセクシー」なケンさんも、ライブの最後は
なぜか舞台で衣装を脱ぎ、下着丸出しで雨とたわむれていた。。。

上着を着たまま、下半身は下着でごろんごろんする大人の男。
あのメチャクチャぶりが、またいいんだろうな〜☆

それにしても、私の人生史上、歴史に残る土砂降り。。

靴の中で魚が泳げそうなくらい雨がたまるし、
着ていたパーカーは洗濯し終わった後みたいにびっしょりだったけど、
そんな私たちをあたたか〜く迎えてくれた♡ウォーミングな優しさに、
雨で冷えた体も一気に温まりました☆

おもてなし感、思いやりの深さに、妙に感動した夜でした。
[PR]
by eicolien | 2009-09-13 23:59 | オンガク

いかれたbaby



いろんな人がカバーしているのを最近教えてもらって、
すご〜く好きになってしまった曲。
フィッシュマンズのは幻想的だし、この人にしか出せないものがあるんだなぁ。

<ハナレグミ>


<山崎まさよし>


<UA、忌野清志郎など>


ぜ〜んぶ違う雰囲気でしょ。
上がったり、切なかったり、色々な味付け。

私のお気に入りは、ハナレグミ。
屋外ライブで飲みながら一緒に歌いたい!いいなぁ。


悲しい時に 浮かぶのは いつでも 君の顔だったよ
悲しい時に 笑うのは いつでも 君のことだったよ

窓の外には光る星空
君に見えない魔法を投げた
僕の見えない所で投げた
そんな気がしたよ

この歌詞のとこに入るピアノがいい♪
[PR]
by eicolien | 2009-09-01 01:17 | オンガク