日々のアレコレ


by eicolien

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

INFORMATION

カテゴリ

全体
ペット
ファッション
アクセサリー
タベモノ・ノミモノ
アソビ・イベント
エイガ・ドラマ
ニュース
テレビ
オンガク
ホン
ケンコウ
スポーツ
オススメ
チュウモク
キライ
デキゴト
オカイモノ
アート、ヌリエ
ヒト
コトバ
インテリア
オシラセ
オシゴト
ビヨウ
オモイ
未分類

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
今ヲ生キル
まいにち酒飲み
絵的生活
愛と愉しみのスペイン料理
農家の嫁の事件簿
akicoblog
moshy-days
OKANの素
■ infinity's...
fc∞pscope
美人同盟
agasuke blog...
minimum*R
ばーさんがじーさんに作る食卓
himie
SANCHA ISLA...
こなみのおいしいキッチン
人生の宝物 by 金田裕子
Step by Step
EnJOy LiFe
Zelkova.Kの気ま...
美味しいテーブル
digital vita...
Elegance Style
vege dining ...
Hands of Cre...
活版工房
hello!hello!...
パーソナルトレーナー ☆...
癒され色ハンドメイドレシピ集
カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)
SONIA JOHNES...
orange-choco...
i n a c o y ...
baliasi days
バリアージへの道 - R...

以前の記事

2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
more...

ライフログ

A Time 2 Love

イッツ・オンリー・トーク

蝶々の纏足・風葬の教室

ブラッシュファイアー・フェアリーテイルズ

Come Away With Me

犬を飼う

DIGITAL BREATH

対岸の彼女

モ’・ベター・ブルース

巴里製皮膚菓子

ドカンと、うまいつまみ

フジ子・ヘミング 運命の力

これは便利調味料―だしいらずのおかず130選

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:ペット( 42 )

四十九日

イルの四十九日で深大寺に行った。

お坊さんが来て、お経を上げてくれる。
人間のような四十九日をすることに、
家族で意見が二つに分かれた。

イルのことを思い出しては泣いてしまうペットロスのような母は
気持ちを鎮めるために四十九日をやりたいと言った。

イルを自分の弟のように可愛がっていた私の弟は、
動物なんだから、そんなことはしなくていいと反対した。

交わることのない二つの意見を抱えたまま四十九日当日を迎え、
そして母と私の二人が会場である深大寺に向かった。

そこには同時期に四十九日を迎えるペットの飼い主たち約20人が集っていた。
犬、猫、うさぎ、フェレットなど、亡くなった動物は様々だったが、
どの動物達も飼い主の大切な家族であることは確かだった。

小雨が降る深大寺の慰霊塔に、少し若い僧侶が現れた。
人間のそれと同じようにお経を唱え、
「●●家の愛犬、☆☆ちゃん」という風に名前も詠んでくれた。

でも私は、
動物のためにお経を唱えるってどういう気持ちなんだろうな。
職業としてやっているのだろうか。
そんな風に少し斜めな気持ちで僧侶の背中を見つめていた。

お経が終わると僧侶が私たちに説教をしてくれた。
話し始めた僧侶は、なぜか涙ぐんでいて、
声を詰まらせていたので驚いた。

「なんで泣いてるの?」
不思議に思っていると、僧侶は自分が飼っていた犬の話を始めた。

一緒に暮らしていたラブラドールがこの5月に亡くなったこと。
10年以上、一緒に暮らしていて、毎日自分が散歩に連れて行ったこと。
いつも一緒にいた犬が突然いなくなった寂しさが埋められずにいること。
犬も家族であったこと。
自分の犬も近々四十九日を迎えること。
そして、愛犬のために四十九日のお経を唱えるつもりでいること。

仕事として割り切ってやっているんだろうな〜なんて、
斜めに見てごめんなさい。。。

僧侶のお話によると、四十九日を担当する仏様は、薬師如来なのだそう。
薬壺を持ち、病気を治し、安楽を与える仏様なのだとか。
薬壷の中には、体の病、心の病、社会の病を治してしまう薬が入っているそうで、
それを聞いた飼い主達は皆、「うんうん」とうなずいていた。

苦しんで亡くなった子たちも多かったと思う。
本当はもっと長く大好きな家族と一緒に過ごしたかったと思う。
そんな子たちが少しでもラクに、元気に天国にいてくれたらいいなと思った。
[PR]
by eicolien | 2012-07-01 22:24 | ペット

さよなら、ありがとう。

5月9日、愛犬イルが亡くなった。

その日の朝、父と元気よくお散歩に行き、
家に帰ってきてから大好きなボール遊びもして、彼は昼寝をした。
そして、お昼過ぎに痙攣し始め、夕方、息を引き取った。

16歳と1ヶ月だった。

死因は、肝臓の腫瘍が破裂したことによる貧血。
獣医さんには、手の施しようがないと言われ、
病院に運ばれて、たった2時間で息を引き取った。

数ヶ月前に健康診断した時には腫瘍は見つからず、
亡くなる直前まで食欲旺盛で、元気に遊び、本当に本当に元気だった。

実際、亡くなる3日前に実家に帰った私はイルと会い、
「ボールで遊んで!」という彼の要求に応えてボール遊びをした。
老犬とは思えぬ元気さで、私が投げるボールを必死に追いかけ、
ボールをくわえては私の元に走って来て、
「またボールを投げて!」と元気いっぱいに「ワンワン!」と吠えていた。

おじいさん犬とは思えない位、とってもとっても元気だったから、
それが、イルと私の最後の日になるなんて、その日の私は思いもしなかった。
今思えば、あのボール遊びがイルの最後の挨拶だったのかな〜と思う。

思い返せば、10年ほど前、イルは大怪我をした。
土佐犬とグレートデンのミックスに噛まれ、肋骨を3本折る大怪我をした。

大量出血し瀕死の重傷だったのに、奇跡的に一命をとりとめた。
何の因果か、その噛んだ大型犬から血を分けてもらい、
それが彼の命を助ける結果となった。

その時、死んでしまうかもしれないと覚悟した。
でもイルは頑張った。
獣医さんには、「折れた肋骨は元に戻りませんよ」と言われていたのに、
死ぬ日に見たレントゲン写真では折れたままのはずの肋骨が繋がっていた。

本当によく頑張って長生きしてくれたと思う。

だから、一番最後の時には、イルに
「今までありがとう、おつかれさま」と言った。

この1〜2年、怪我の後遺症からか、首を上に上げることができなかったから、
あの世では怪我も、病気もない、一番元気で一番楽しかったときの身体に戻って欲しいと思う。
その元気な身体で元気いっぱい、思う存分楽しく走り回って欲しい。
[PR]
by eicolien | 2012-06-09 16:50 | ペット

犬の名前ランキング☆

犬の名前ランキングが発表されました。

第一位は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「モモ」

友達のワンコも、このお名前だわ〜。
そんなに多いんだ。
なんかかわいい感じするもんね。


続いて、第二位は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「マロン」

料理研究家みたいですな〜。
マロンちゃぁ〜ん、と呼んでみたい。
毛の色が栗色なんだろうな〜。ミニチュアダックスに多そう。


そして、第三位〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「ナナ」

チェッカーズの歌なのか、
マンガなのか、この名前の由来を知りたいっす。
と思ったら、7月生まれとかなんだって。ふえ〜。

その他の名前は、
http://www.iris-pet.com/wan/event/ranking2008/5.html#
↑こちらからどうぞ。
少数回答も見ることができまする。

ちなみに、愛するハニーちゃん、「イル」は回答なしでした。
人気ないなぁぁぁ。。。
近いところでは、「イルカ」を発見。
たった1文字だけど、すごい遠い名前っす。
[PR]
by eicolien | 2008-09-16 23:43 | ペット

子犬、子猫

週末、開通したばかりの副都心線の賑わいを体感しようと、新宿へ出かけました。
歩行者天国は、例の事件の影響で警備体制がすごかったです。
歩行者天国という名前とは裏腹な感じ。

さて。
新宿三丁目の地下が激変していて、びっくり!
今までなかったところに地下通路ができちゃってるし。
伊勢丹と高島屋が地下でつながったから、雨の日はいいですね。

テレビや雑誌、フリーペーパーなどでもさんざん特集されているだけあって、
集まった人の数は、すごいものでした。
伊勢丹の集客率は3割増しだったらしいし。
すごい。。。

そんな中、副都心線とはま〜ったく関係ないけれど、
ペットショップを3軒もはしごしてしまいました♪

ミニチュアダックス、トイプードル、フレンチブル、ポメラニアンなどなど。
かわいすぎる、子犬たちをかぶりつきで見てきました。
フレンチブルの子犬がほ〜んとかわいくて、連れて帰りたかった!
でも、お値段32万円・・。高い。

アメリカンカールという耳が折れた猫ちゃんもかわいいんですよね〜。
この子は27万円くらい・・・。
犬派ですが、最近は猫のかわいさも理解できるようになりました。
あと、小桜インコも。

しかし、ペットショップもピンキリですね。
百貨店に入っているようなお店はまあ、衛生上合格!って感じがしますが、
(ニオイもないし、ウンチの始末も早い)
路面店系は、ちょっとどうなの!?ってお店が多い気がします。

ニオイもするし、狭いところに何匹も入れられてたり、
なんだか胸が痛みます。
どうしてあげることもできない自分がもどかしい。。。
[PR]
by eicolien | 2008-06-16 22:49 | ペット

代々木公園にドッグランができる!

とうとうですか!って感じだけど、代々木公園にドッグランができるんだって~。

愛犬家の皆さん知ってましたか?

しかも都内最大規模。

どんだけわんこたちが集まるんだろうね~。

オープンは4月28日。

GW初日ですから、たくさんの人とワンコが押し寄せそう!

詳細はここをクリック!
[PR]
by eicolien | 2007-04-19 23:32 | ペット

心ほんわか~な、癒しスポット。

毎週お仕事の打ち合わせで行く赤羽橋。
目的地まで徒歩約10分。
なだらかな坂を、スタスタ歩く。

目的地まであと半分という場所に、
1軒のペットショップがあります。

近くには東京タワー。
これといって、遊びの要素のない、
色でたとえるならグレーといった感じの場所。

そこに、ぽつんと、ほのかな光が差し込むかのような
とってもおしゃれで、癒されるペットショップがあるのです。
ショップ名を大きくプリントしたレンガ色の旗が素敵。

でも。
主役はこの子たち。
ガラス張りのショーケースには、毎週違った種類の子犬がいます。

この日の子犬ちゃんたちはこの子たち。
b0038382_17531139.jpg


寝てる子、起きてる子。
それぞれ1頭ずつ。

寝てる子にクローズアップ!
b0038382_1801938.jpg

まるで、置物のようにぐっすりーぷ。
かわいすぎるぅ~♡

毎週、座り込んではこのお店をじっくり見つめるのが楽しみなのです。
ガラス越しに目が合うと、無邪気に駆け寄る子犬ちゃんたち。

かの有名な、「どうするアイフル」CMの気持ちになるのです。
さてさて、来週はどんなかわいい子がいるのでしょう。

ふぅ~。
子犬って罪だわ。
[PR]
by eicolien | 2007-01-24 23:53 | ペット

イル 2007

里帰りのある日。

実家に帰って一番会いたいのは、やっぱりイル。
ごめん、他の家族!
と思いつつ、恋しくなってしまうのは仕方ありません。

2007年のイルくんは、
b0038382_17531445.jpg

ジャ~ン☆
こんなんです。

変わらず元気。
年明け早々、ボールで遊びまくりだったとか。
今年で11歳になる彼、人間換算では立派なおじいさん。
けれど、そんな風には見えないのです。(親ばか?)

ふわふわの毛を撫でているだけで、癒されます。
肩が凝るように、時には心も凝るもので、
そんなときはイルのフワフワと、ビー玉のような大きな目が特効薬になってくれます♡
[PR]
by eicolien | 2007-01-14 17:53 | ペット

久々にイルくん

冬物を取りに、久しぶりに実家に帰りました。
家族に会うのも数ヶ月ぶり。
何も変わらず、そのままの家族がいました。

私が一番会いたかったのは、やっぱりイルくん。

「お姉さんが帰ってくるわよ!」
と、母が言うと、何やら事情を察したようでうれしそうに尻尾を振っていたそうです。

よかった!
まだ忘れられてない!

と、ちょっとうれしくなりつつ、イルくんとたわむれ、たわむれ。

けれど、なんとな~く、お客さん扱いされているような気がしたのです。
少し離れたところからじーっと私を見ていたり、
前みたいに大はしゃぎで飛びついてくることもなかったり。

なんかちょっと寂しい~!
けれど、仕方ないなと思いつつ、ご機嫌をとりました。
久しぶりにボールで遊ぶ途中のイルくんがこれ。
b0038382_17335542.jpg


犬の数ヶ月って、人間の何年か分なんだろうな~と思うほど、
イルくん、少しおじさんになった気がしました。
「最近は寝ることが多いのよ~」なんて、うちの母。

いつまでも元気でいてほしいな~と心の中で思いながら、
久しぶりの実家を後にしたのでした。
打ち付けるような雨、そして激しい風の台風の夜。
[PR]
by eicolien | 2006-10-06 23:29 | ペット

じ~っとり。

犬用のチョコレートっていうのがあるんです。
砂糖未使用だけど、ほんのり甘い、ホワイトチョコレート。
愛犬家の皆さん、ご存知ですか?

むか~し、むかし。
イルくんがまだまだ幼い頃、新宿三越南館がまだまだ存在していた頃、
そのペットコーナーで発見。
思わず買ってしまった1品です。
製造元は森永系列。

そのチョコレート、イルくんの大好物。
毎晩ねだります。
「く~ん、くぅ~ん☆」
と、必ず、21:00前後に。

この日ももちろん、おねだり!
トリビアの検証シリーズ(注文した食べ物に髪の毛が入っていたら、彼氏はどうする?)
を堪能していた私をさえぎるかのように、しつこくおねだり。

あまりの熱視線だったため、写真におさめた次第です。
この目でやられます・・・。
b0038382_19353751.jpg

[PR]
by eicolien | 2006-04-19 23:28 | ペット

スイミングキャップが大好きなのです。

b0038382_13443053.jpg

お友達が一緒に暮らしているワンちゃんです。
ミニチュアダックスの子供ちゃん。
お宅におじゃました時に撮った写真が出てきたので早速アップ!

友達と二人でお邪魔したのですが、この子ったら、もうおおはしゃぎ!
床を走り回る!
ベッドやソファに飛び乗る!
ものすごいすばしこさとやんちゃぶりが本当にかわいかった!
若いって素晴らしい・・・、そんな感じ。

この子、なぜか私が持っていたスイミングキャップに夢中で、
紙袋に入れてたのをすかさず見つけて、必死になって取ろうとしていました。

もそもそ。
b0038382_13461610.jpg

ス、ス、スイミングキャップをぉ~!
b0038382_13463514.jpg

必死すぎる後姿を激写!ふんばる後ろ足!
b0038382_13465715.jpg

この後、欲求を満たすかのようにスイミングキャップを袋から取り出し、
ぶんぶん振り回して遊んでいました。
スイミングキャップが遊び道具になるなんて、ワンコって不思議。
[PR]
by eicolien | 2006-03-06 23:44 | ペット